エンタメに生かされている。

エンタメが大好きな20代の日常と推しの話。

NEWS増田貴久さんがかっこよすぎるので強火オタクが愛を叫びます(お誕生日おめでとうございます!)

 

※今までと比べて非常にテンションの高い記事になっております。

 

 

 

 

 

 

本日、7月4日はNEWS・増田貴久さんのお誕生日でした!

おめでとうございます~~~!!!

 

NEWSファンではない皆様、彼は何歳になったと思いますか??

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答えは36歳です!年男なんですよ!

 

どうして強調したかと言うと、ずばり、36歳には見えない若々しさと可愛さだからです。

コンビニでビールを買おうとすると身分証を出してくださいと言われる、なんて話も聞きますのでやっぱり童顔なんだと思います。

 

以前の記事でもリンクを貼らせていただいたこちらのMV、

公開当初の感想は「増田さんまた若返った???」でした。↓

www.youtube.com

 

 

 

増田貴久さんは私の最最最最最推しのお方でいらっしゃいます。ジャニーズのオタク用語で言うところの「自担」というやつですね。

 

ということで、お誕生日によせて

今日は火力強めの愛を叫んでみたいと思います。

 

 

基本NEWSファン以外の方への布教みたいな内容になってます。笑

 

 

 

 

まず、増田貴久さんを私が普段何と呼んでいるかについてのお話をさせてください。

 

私は増田貴久さんのことを“増田さん”と呼んでいます。どんな時でも!です。

歌番組に出ていてもバラエティ番組に出ていても、ライブを見に行っても、かっこいい時でも可愛い時でも、私は“増田さん”と呼びます。

 

 

これは広く知られていることだと思いますが、彼の愛称は“まっすー”です。

だから“まっすー”と呼ぶ方は非常に多いですし、他には“増田くん”とか、名前で“貴久くん”とか呼んでいる方もいます。

 

ですが私と同じように“増田さん”と呼ぶファンも一定数います。なぜでしょうね。

代表するつもりもないのであくまで個人的な理由として語らせていただきますが、

“増田さん”と呼ぶのは、『ひたすらかっこよくて尊敬の対象だから』に他なりません。

 

(※別の呼び方をしている方はそう思ってない、と言いたい訳では決してございません!!!)

(そして私がさん付けしていないからと言って、その人が尊敬の対象から外れてるなんてこともございません!)

 

 

アイドルの推し方にも色々ありまして、推し方によって

推しは疑似恋愛の対象だったり、愛でる対象だったり、守ってあげたい対象だったりするんですね。

 

私の推し方は、言葉が過ぎるようですが信仰・崇拝みたいなものに限りなく近いと思います。

 

増田さんご本人がどう思うかはさておき、、、、

少なからず推し始めるときに『この人に救ってもらった』というきっかけがあった場合、どうしても信仰っぽくなってしまうのはもうしょうがないことだと思うんですよ。

 

 

このように、心から尊敬している故に私は“増田さん”と呼ぶわけです。

 

あとは単純に増田さんへの印象が「かっこよすぎる人」だからですね。

 

 

すこし話が脱線しますがジャニオタ以外の方に増田さんを紹介するとき、

日本テレビ系列「ぐるぐるナインティナイン」の番組内企画である、「グルメチキンレースゴチになります!」に出演していることを伝えるとすぐ頭に浮かべていただけるのかなと思います。


実際、ゴチを見て初めて知ったという方をよくTwitterでお見かけするので。

 


ゴチの時の増田さんはポンコツ愛されキャラで、突っ込みにくいボケをかましておられます。ですのでたぶんですが、世間一般の方々の多くは彼を「可愛い」と思っていることでしょう。

 

ですが私の目から見た増田さんはちょっと違います。

 

 

 

ゴチで増田さんがポンコツ扱いされるたび、心の中では「はーーーーん?????そちらにいらっしゃるのは増田貴久様であらせられたてまつるぞ!???」と暴れ狂っております。

※訳:共演者の皆様、増田さんを面白くしてくれて、いじってくれてありがとうございます感謝です!!!

 

もちろん可愛いところも多すぎるし大好きなんですが、

なんとも独特なオーラと色気をまとった「かっこいい」増田さんが一番好きだったりします。敢えて擬音で言うなら「ゴリゴリ」という表現が合っています。

 

 

いや分からん、どんなだよ???と思った皆様、待ってください。

言葉で伝えるのはとても難しいのでこちらの映像を見ていただきたいです。

 

www.youtube.com

 

いかがですか…………

 

実際にライブでパフォーマンスを見た私からしたら

(かっこいいがすぎるので)全世界に発信して大丈夫な映像ですか?????と思わざるを得なかったです…

 

 

 

 

別の言い方をすると「近づき難い」という表現もできそうです。

基本的にライブの時しかこの姿を見ることはできないので(たまーに歌番組でも見せてくれますが)、ファンしか知らない顔の一つかと思います。

 

 

 

NEWSの楽曲の多くでは、ラップパートを増田さんが担当しています。

 

私は増田さんがラップをしている時の声と表情がかっこよくて好きすぎて、新曲でラップがあると知った暁には「ラップ来た!!!!!!!!」と一人で叫ぶのがお決まりの習慣です。

 

 

ところで先日、7月2日に放送されたMUSIC DAY日本テレビ系列にて放送)はご覧になりましたか???

 

 

番組名物企画でありジャニオタが毎度色んな意味で心をざわつかせている、ジャニーズシャッフルメドレーが今年もありました。

 

その際、A・RA・SHIの冒頭ラップパート、増田さんが歌ってらっしゃいました!!!これが本当上手くてかっこよくてえええええと変な声が出てしまいましたね……

 

(おそらく本来はKAT-TUNの上田くんが歌うはずだったところ、体調不良で出演が無くなってしまったため増田さんが代役を務めたのだと思われます)

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

ここまで約2000字強。。。噓でしょ。。強火愛でももっと簡潔にまとめて語れると思ったのに。。。まだまだ続きますがどうかお付き合いくださいませ。。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

増田さんはNEWSとしての活動のほか、前述のとおりバラエティ番組やドラマへの出演など個人での活動も充実していらっしゃいます。

(現在はTBS系日曜劇場『オールドルーキー』にも出演中)

 

 

個人での活動の中で、ここ数年でかなり私の心に残ったのは

ミュージカル『ハウ・トゥー・サクシード』への出演でした。

増田さんの初のミュージカル出演にして主演作です。

 

本作は、1961年にブロードウェイで初演され、以降1417回のロングランヒットという記録を打ち立てた傑作ミュージカルです。
翌1962年のトニー賞では、最優秀ミュージカル作品賞、脚本賞、主演男優賞、助演男優賞、製作者賞、演出賞、指揮・音楽監督賞の7冠を達成し、大きな注目を集めました。1995年にはマシュー・ブロデリック主演でリバイバル上演、さらに2011年にはダニエル・ラドクリフ主演で再び上演され、トニー賞8部門にノミネートされるなど、世代を超えて愛される名作です。

https://theatre-orb.com/lineup/21_hts/より引用)

 

 

そういえば、ラップについては先ほど触れましたが、根本的な歌の上手さについてはまだ語っていませんでしたね。。

 

増田さんは歌が本当に上手いです。

声量と安定感と表現力に圧倒されます。ライブで生歌を聴くと倍すごいです。

 

あんなに歌が上手くてダンスも得意な増田さんがなぜそれまでミュージカル出演が無かったのか疑問に思うほどですが、

満を持して2020年に上記ミュージカルにて主演(J・ピエールポント・フィンチ役)を務め、2021年には再演もされました。

 

これが本当に素敵な作品でして。

増田さんの甘い歌声と可愛らしい笑顔、コミカルな演技が活きた物語だったと思います。

 

他の出演者の皆様も一人一人とても輝いていて素晴らしかったです。このお話の登場人物みんなのことが好きになりました。(松下優也さんが演じていたバドという役もお気に入りでした)

 

そして、素人目には

相当疲れそうだし息が上がって普通は歌えなくなりそうだし、台詞どころでないでしょ・・・としか思えないくらいのアクロバティックなダンスの数々。

 

www.youtube.com

 

こちらの映像の最後の部分で流れている群舞はすごすぎて終わったとき目頭が熱くなりました。

 

 

ミュージカルの舞台に立つ増田さん、とってもキラキラしてました。今でも鮮明に思い出せます。今後他のミュージカルにもどんどん出て欲しいし、『ハウ・トゥー・サクシード』の3度目の公演にも期待しています。

 

 

 

 

最後に、増田さんのアイドル観について書いて終わりたいと思います。(長いです)

 

 

2020年11月にNHK Eテレで放送された番組『シュガー&シュガー』にゲスト出演し、サカナクション・山口一郎さんとのトークの様子が放送されました。その際の増田さんの言葉が最高に美しくて大好きなので書き起こしてみました。

 

「アイドル」っていうくくりで「みんなアイドルでしょ」みたいなのは逆に俺は言われるとちょっと、「何分かってんの?」みたいな感じに…。

俺はアイドルですよ。僕はアイドル。増田貴久はアイドルだけど。

例えばアイドルグループ。「え?君も君も君もアイドルでしょう」みたいな中に入れられたら「え?お前アイドルの何分かってんの?」って。

その何か「アイドル」っていう言葉を下に見てるというか。

それだったら俺はちょっと何か「はあ?」ってなりますけど…。

でも俺はもう自分は自分で俺がアイドルだ みたいな。

 

 

 

でもやっぱり僕は何て言うんですかね。

想像できる部分がたくさんあるというか、僕らは100だと思って提示してるものを見てもらった時に、もっと倍もその倍も色んなものを想像して、「いや実はNEWSってこういう一面があるんじゃないか」とか「こんな曲歌ってほしいな」とか。

NEWSってもの自体のパッケージがやっぱ想像できるもの。だからちょっと未完って言うんですか。

120完成のガッチガチ出来上がったものじゃないもの…っていうふうに見てもらうのが多分何か面白く見てもらえるんじゃないかなーっていう。

自分が作品だとしたら何か想像できる部分が、ファンの人が思う想像してくれる部分が多い方がアイドルとしてはかっこいいかなと思いますけどね。

 

 

かっこいい。。。。もはやかっこいい以外の言葉を見つけられません。

アイドルという仕事を誇りに思って、強い信念を持って活動しているということがひしひしと伝わって来ます。一生着いて行きますって思いました。。。

 

長年オタクをしていますが、『アイドル』って思っている以上に奥深い存在だなと、何年経っても感じます。アイドルとは何かと問われて一言で答えることも、きっと私には一生できません。

 

だからこそ、『アイドル』として魅せてくれているものを今後もずっと、全身全霊をかけて享受したいと思う次第です。

 

私を含めオタク達は、何かあるごとに、言葉にするとやばいとか、泣くとか、すごいとか、可愛いとか、かっこいいとか、単純にしか表現できなくなってしまうのですが、その裏にはこの上ない感動があること。増田さんにも伝わっていたら良いなあなんて思ったりします。

 

 

 

 

真面目に語ってきましたが、せっかくなので増田さんのファンタジーなアイドル観も書きますね。

 

ジャニーズとしてこういう生き方が絶対必要だと思っていること。

①トイレに行かない(トイレは存在自体知らない)

②お金の話をしない(ギャラはクッキーでもらう)

 

ほっこりするというか微笑ましいというかなんというか。

これ、前からずっと言ってるんですよね。ブレなさに脱帽です。

 

確か、過去にとあるラジオ番組で「ジャニーズ事務所にトイレありませんから」と言っていて、他のメンバーから「いやありますよ!」と即否定が入ったことがありました。そのツッコミも含めておもしろい。

 

この2つの要素だって増田さんなりに意味があって話している事だと思うんですけど、ちょっとボケてるように聞こえる(本気でボケに行ってるときもあるかも?)のが可愛いですし、この話を聞くとなんだか安心するので、これからもずっと変わらないで欲しいですね。

 



 

 

はい、色々とあちこち話を飛ばしながら語ってまいりましたが、読んでくださった方にほんのちょっとでも増田さんの魅力が伝わっていたら幸いです。

 

兎にも角にも、私が一貫して言いたかったことは

増田さんかっこよすぎる!!!!!!ということです。笑

そして、生まれきてくれてありがとう!!!!!ということです。

 

 

大好きな推しのお誕生日はいつも以上に

アイドルって最高だね!!!!!(大声)というテンションになりがちなのです。

 

 

 

 

 

 

 

支離滅裂で粗削りな文章を読んでくださってありがとうございました。

 

 

増田さん

改めて、お誕生日おめでとうございました。

36歳の増田さんのことも、引き続き精一杯の愛を込めて応援させていただきます!