エンタメに生かされている。

エンタメが大好きな20代の日常と推しの話。

時間を上手に使いたい。

 

今は無職なので時間だけはあります。

 

こんなにも毎日、時間を持て余しているはずなのに、結局1日の終わりには「今日は何もできなかった」と思ってしまってなんだかモヤモヤしたまま眠りにつくことが多いです。

 

人間、時間がありすぎると、逆に何から手を付けてどんなペースで進めていったら良いか分からなくなってしまうのかな?とも思います。仕事も課題も、締め切りギリギリにならないと力を発揮できないで生きて来た私のような人は特に。

 

 

何がしたいか分からない訳じゃないんです。

せっかく時間があるのだから、勉強と、大好きなエンタメには時間をかけようとずっと思っていて、頭の中には常にやりたいことが浮かんでいます。

 

 

やりたいことはたくさんあるのですが、SNSをぼーっと眺めているうちに時間が過ぎてしまったり、横になって読書していたら眠ってしまっていたり。時間をかなり無駄にしてしまっているなと反省しています。。時間を有効活用したいと願ってはいるのですがどうにもうまくいきません。

 

だったらブログなんか書かずにそのやりたいことをやったら良いのでは?と言われそうですが、なんとなくこの気持ちを書き残しておきたいと思いましたので書かせてください。笑

 

 

●勉強のために買った本を読まないと。

●読みたい小説を買わないと。(でも他にも読みたいものがあるから今買ってもいつ読むことになるか分からないな)

●気になっているアーティストのアルバムはいつ買って聴こうかな。

●最近ドハマりしているソシャゲのイベントを走らなきゃ。

●見始めたアニメ、まだ2話までしか進んでないから続きを見ないと。

AmazonプライムNetflixのホーム画面を眺めてはどんどん視聴リストに追加して来たけど全然観れてないな。早く観なきゃ。

 

 

いつもこんな感じのことで頭がいっぱいです。

 

時間がありすぎることと、やりたいことが多すぎるという状況が組み合わさって、じゃあ先に何をしようか?と優先順位に悩んでしまっているんですかね。。

 

 

働いている人達から見たら私は時間がありすぎる(言ってしまえば暇な)人間に見えるはずなのに、私自身は時間があまり無いように感じてしまっています。

 

書き出してみて思いましたが、好きなこと、やりたいことさえタスクみたいな感覚になってしまっているのかもしれません。だから何をしたら良いか分からなくて頭を抱えてしまう。この無職の期間も貴重な時間なのに、これをしたい!ではなく、これとこれをやらなきゃ!あれもやらなきゃ!という思考に陥ってしまっているのは残念な気がします。

 

 

 

 

とは言え、4月中旬から始まった有給消化期間と、4月末で退職してからの約2か月。何もしてこなかったかと言うとそうでもなく。

 

次の仕事のための勉強&インプットのために6冊の本を読み終えました。

 

私は子供の頃から読書がとても苦手でした。読書恐怖症とまではいかないですが、本を読みたい気持ちはあってもなぜか全然読み進められず、大学生の時のレポート課題や論文以外では本を避けがちに生きて来た人間なので、この期間で6冊読み切ったのは結構すごいことだと自負しております。

 

 

ドラマ・映画も好きなので、連続ドラマを週に13本、映画はこの期間で6本観ました。好きだと言っている割にはちょっと映画が少なすぎますね。。

 

数字が物語っていますが、地味に時間を使ってきたなと思うものがドラマの視聴。これだけたくさんのドラマを見るのは今に始まったことではないですし、別に我慢する必要も無いと思うんですが、CMの時間を除いて約50分(深夜枠だと25分前後)の時間×13って合計すると結構な長さになります。

 

こんな上から目線なことを言うのもはばかられるのですが、今年の4月期ドラマは心から熱中できるものが少なかったので、もう少し見る本数を絞っても良かったのかな、なんて気持ちにもなっています。

 

7月期のドラマも今の時点で見たいものを数えたら11本ほどだったので、視聴継続するかはまず1話を見てみてちゃんと検討したいなと思う所存です。

 

 

 

推しグループのCDも発売されたので曲を聴きこんだり、特典DVDの映像や歌番組を見たりもしていました。ばんばん新曲を出している訳でもないし、グループで出演しているレギュラー番組も無いという状況なので、一つ一つに時間をかけて噛みしめたいと思ってしまいます。

 

 

 

上のやりたいことリストに「ソシャゲのイベントを走らなきゃ」とは書きましたが、ソシャゲは今特に熱いものだからか、息をするようにゲーム内イベントを走っています。

 

今回は好きなものを紹介するブログじゃないんですけど書いておきます。私がドハマりして狂ってしまったゲームのタイトルは『魔法使いの約束』です。ゲームに全然興味が無かった私の価値観を一転させた、凄まじいゲームです。知らない方はぜひ調べてみてください。

 

 

それから、Kindleで読んでいた本1冊はすぐに読み終えてしまいました。

 

ということはきっと、スマホだけで完結することが私の中で一番手に付けやすいことなんですね。笑

 

 

めちゃくちゃエンタメに時間割いてるじゃん・・・と思われてしまったでしょうか。

ですが、エンタメに生きる力をもらっている身としてはどれも無くしたくない時間。今後働く上では、そりゃあ仕事優先で趣味は後回しということも出てくるでしょうし、今までも働いていたときはそうでした。

 

時間のある今はとにかく好きなことに身をささげたい。

そんな想いでこの数ヶ月を過ごしてきたつもりです。

 

ただ絶望的に時間の使い方が下手なだけ。笑

 

 

 

 

つらつらと書いてきましたが、無職期間はそろそろ終わりにして、来月あたりから働き始めようと思っております。不安なことだらけですが、フリーランスという働き方に大きく気持ちが傾いています。

 

この判断は早いのか、それとも遅かったのか。先延ばしにすることになる可能性も無きにしも非ずですが、何かするべきことがあった方が性に合っている気がしているので、まずは働いてみてしまえ!と思っているところです。

 

転職先を決めずに退職した方々はどれくらいの期間を無職のまま過ごすのが一般的なんでしょうかね?

 

 

 

来月あたりと言っておいて、もう6月が終わってしまいます。やっぱり意外と時間は無い。そう考えると今度は焦り始めてしまいそうなのが怖いですが、自分を追い詰めてしまうという悪い癖が出そうになったら一度しっかり立ち止まって、ゆっくり考えて、また頑張る。そうな風に日々を生きていきたいです。

 

 

そういえば、最近買った古本に、前の持ち主が書いたと思われるメモが挟まっており、そこにはこう書かれていました。

 

 

時間=この世で一番価値のあるもの

 

 

この方が何をもってこんなことをメモに残したのかは分かりませんが、割とよく聞く価値観だと思いますし、私もこれを読んで、確かになあ・・・と改めて感じました。しかもこのメモが挟まっていたのは勉強のために買ったノウハウ本で、紙ではなくとあるカフェのロゴが入った紙ナプキンに書いてありました。カフェで勉強しながら、この方も時間について考えていたのかなあなんて想像が広がりますね。

 

 

それから、勉強と並行して読んでみようと思って買った本。

マルクス・アウレリウスの『自省録』。

 

正直、確か高校生のときに倫理で習ったような気がするという記憶しか無かったです。でも帯にも書いてあるドラマ『ミステリと言う勿れ』(今年の1月~3月に放送)が結構面白くて、この『自省録』も印象的だったのでずっと気になってました。

 


この本にも時間の捉え方に関するヒントが書いてあるかもしれません。

 

『ミステリと言う勿れ』の原作漫画も読んでみたいな。

 

 

 

 

とにかくもっと上手に時間を使えるようになりたいものです。

 

 

 

まとまりのない記事になりましたが、読んでくださってありがとうございます。