エンタメに生かされている。

エンタメが大好きな20代の日常と推しの話。

『LOSER/三銃士』発売!NEWSの応援歌と多彩な表情。

 

遂に発売されました!

先日紹介の記事も上げさせていただいた、NEWSのニューシングル。

 

『LOSER/三銃士』

 

発売おめでとうございます!!!

 

すごく好きな人たちの新曲が発売されたらやっぱり、絶対にCDを手にしたいと思うもの。新しい作品がまた一つ増えて、自分の部屋の棚にもCDが増えるのは本当に嬉しいですね。

 

 

さて、今回はカップリング曲を含めて、手元に届いた音源を実際に聞いてみた感想などを書いていきたいと思います。

 

 

*言いたいことを全部詰め込みましたので長文です。。笑

長文ですが、テレビを見てNEWS気になるなあ、かっこいいよなあ、いい曲ばっかりだよなあと思い始めている方には特に、ぜひ最後まで読んでいただけると嬉しいです。

 

 

◇さすがの一言。NEWSの応援歌。◇

 

『LOSER』 

テレビ東京系ドラマ「吉祥寺ルーザーズ」オープニングテーマ)

 

“敗者”をテーマにしたメッセージソング。「立ち上がれ」、「這い上がれ」といった力強い言葉で奮い立たせてくれるような曲です。こういう強い言葉とは裏腹に「笑顔じゃなくても 涙、晴れるさ」のような優しさも感じる歌詞が素敵ですね。さすが、応援歌のNEWS!

ところでNEWSの最近の曲はキーがめちゃくちゃ高い。女性でも地声で歌うのは結構厳しいんじゃないか?という高さを歌いこなしてるのはかなり凄いこと。。キーが高いことも相まって歌うときは必然的に力が入ってしまうと思います。表情をあまり変えず、負担を抑えて歌えることも技術の一つかもしれませんが、NEWSはいつも、これ以上は無理だよというくらい全力で歌っています。そういうところが魅力的なんですよね。

 

先日「ザ少年俱楽部プレミアム」、「ミュージックステーション」でこの曲を披露しました。歌唱の姿を見るたびに思うことですが、曲が終わったときの、今持っているエネルギーを全て費やしたかのような、それでいてすごく晴れやかな3人の表情が大好きなんです。

 

 

『TOKYO SUMMER』

通常盤のカップリング曲。これ、個人的にものすっっっごく好きです。LOSERとはまた違ったテイストの応援歌。こちらは昔から歌ってきたNEWSらしい優しさが溢れる曲になっていますが、彼らの年齢とともに楽曲の歌詞の主人公も大人になっていっているなと感じます。

同じ「夏」の曲だと2010年発売のアルバムに収録されている『エンドレス・サマー』があります。私はこの曲が本当に本当に好きでして。。2曲ともに作詞作曲はヒロイズムさんが担当されているということもあり、ちょっとここで歌詞も紹介させていただきます。

 

 

『エンドレス・サマー』(2010年)

あてのない街 ビルの隙間 遠い空を見上げるたび

想い出す夏 ホタルの光 終わらないイノセンス

 

いつもくだらないモノに名前付けて タカラモノと呼んでいた

あの日のままに生きていけたら… そう願うのでした

 

まだ夢に夢見た季節が心(ここ)にあるから

僕らは行くよ もう一度 輝く自分を探す旅

やがて僕らがありふれた大人になっても

扉はいつも きっと あの夏に繋がっているから

 

 

『TOKYO SUMMER』(2022年)

ビルの合間に凛と輝く

小さな星屑のように

名もなき夢を

東京の夜空に

咲かせる日まで

One more chance

走れるか?

 

時をかけて

夏の風よ

僕らの未来に

希望の種、蒔いて

夢叶えてとは言わないから

人の世に愛を

心に花を

涙ふいて旅立つ勇者(きみ)へ

大丈夫とエールを

そっと告げて

そっと告げて

 

 

いかがですか??

『TOKYO SUMMER』は、大人版『エンドレス・サマー』もしくは『エンドレス・サマー』の続編と言えるのではないでしょうか。どちらの曲でもどこか切なげな空気が漂っています。

『エンドレス・サマー』では青春の真っただ中に居て、大人になるために自分探しをしていた主人公が、『TOKYO SUMMER』では夢を追って、挫折を経験したのでしょうか。そして、立ち上がってもう一度挑戦することを決めた主人公の背中をそっと押すような優しい応援歌だと思いました。

 

この2曲の間には12年という時が流れているのですが、こういったNEWSらしさがずっと残っているのがファンとしてすごく嬉しいです。もし今後、今まで無かったようなジャンルの曲を沢山歌う日が来たとしても、こういう優しく寄り添ってくれるような曲もずっと歌い続けてくれたらいいなと思っています。

 

 

◇応援歌だけじゃない!ポップ・しっとり・オシャレな楽曲たち◇

 

『三銃士』

GReeeeNによる楽曲提供プロデュース!ポップで元気で可愛い。思わず笑顔になってしまうような明るい曲。これもね、ノリノリな曲ではあるけれど実は大きなメッセージが込められているんですよ。。NEWSからファンへのメッセージ。

先日の記事でも書きましたがNEWSとお付き合いの長いGReeeeNさんが、NEWSのことを真剣に考えて、愛を込めて作ってくださった曲。

 

 

涙の雨だって 傘になって君を守るよ

1人で震える夜は 温めてみせるよ

 

こんば温かい歌詞もあれば、

 

それでも僕だってそうさ 吐けない弱音もあるんだ

 

こういう弱みを見せるような歌詞もあります。アイドルとして人に元気を与えるような活動をしている一方で、表に出すことは無いけれど彼らにもくじけそうになることはきっとありますよね。。

 

何回でもいうよありがとう 出逢ってくれて

何万回も伝わるまで 声を上げてく

誰かの後悔も かきけしていける僕になって

それを誓ってここに立ち続ける3銃士

参りましょう さあ明日明後日

どこまでも一緒に

 

ここの歌詞が好きすぎます。。。「出逢ってくれてありがとう」なんてこっちの台詞なんですけど…!!!って思って泣けてきます。

そして特に、すごくすごーーく!好きなのが「誰かの後悔も かきけしていける僕になって それを誓ってここに立ち続ける3銃士」という部分。

NEWSは色んなことがあったグループだから、この「後悔」という言葉の響きはとても重いんです。でも、その「後悔」をかき消していける僕になる。「それを誓ってここに立ち続ける3銃士」。どんなことがあってもNEWSというグループを続けていくという決意表明みたいな歌詞ですね。泣

 

 

極めつけはこちらの歌詞。順番が前後しますが、ラストサビ前。

 

3000年先でもきっと 巡りあってく

 

NEWSとNEWSファンの関係性を表していると思います。ちょっとファンタジーなことを言いますが、私は生まれ変わってもきっと、NEWSのことが好きになります。他のNEWSファンの皆さんもたぶん、同じことを思っているでしょう。

 

ちなみにこのフレーズ、これがまたとんでもなくキーが高いのですが増田さん(増田貴久さん)はなんと地声で歌ってらっしゃいます。音域の広さに圧倒されますね。私は絶対に地声ではあんな高い声出ないです。。

 

 

CANVAS

“三銃士”盤のカップリング曲。綺麗で、どこか哀しげな、しっとりとしたラブソング。女性目線の歌詞を男性アーティストが歌うのって良いなあと思います。

私は楽器の音などにも詳しい訳じゃないので間違っているかもしれないですが、演奏はアコースティックギター1本だけだと思うんですよね。美しい旋律と3人の声の相性が良く、心地良い曲になっています。歌い方も丁寧で、哀愁があって。自然と感情移入してしまいます。ライブでもギター1本の演奏で歌っている映像が頭に浮かびました。

 

しっとりした曲もずっと歌って来ていますが、他に私のおすすめを挙げるとすれば『madoromi』や『リボン』ですかね。NEWSを全然知らない人にもぜひ聴いて欲しいと思います。

 

 

『Deeper&Deeper』

通常盤のカップリング曲。☆Taku Takahashi さん、Jazzin'park 栗原さんからの提供は過去にもありますが、今までには無かったような曲調だなと思います。もちろんお二方の曲だなあと分かる特徴もあるのですが、なんとなく新しい雰囲気があるなと。オシャレで大人っぽくて、かなりかっこいい1曲です。この曲もライブで聴ける日が来るのが心から楽しみです。

 

メロディも歌詞もとても色っぽくて美しく、NEWSの声にあってるなと思います。雑誌のインタビュー記事などで、制作陣の皆様がNEWS3人の声を存分に活かせるような音を作ってくださっているという話をよく目にするのですが、まさにこの曲でも、3人の声の魅力が最大限に発揮されています。

 

 

『(0,0,0)』 (読み:three-o-black)

“LOSER”盤のカップリング曲。攻めてる!!怪しげで独特な雰囲気のある曲です。

篠原とまとさん、伊藤賢さん、辻村有記さんのチームによる楽曲。ここ数年はシングルを出すたびに参加してくださっている方々です。ファンもびっくりするような挑戦的な曲ばかりで、NEWSのこういう一面を熱いと思っている人は多いはず。

 

曲調も攻めていますが歌詞もすごい。

 

こっから始める(0,0,0)

and another one and some more…

ちょっぴり不利でも

gotta go now like a trippi-pi-pi-pi-pin'

 

「trippin'」という言葉には、スラングでは「幻覚を起こす、正気を失う、ハイになる」という意味があるそうです。ちょっとざわざわするような訳ですよね。。私ごときでは凡庸な解釈にしかならないのですが、「狂っていると言われても自分の世界を貫け」と言っているような強烈なメッセージだなと感じました。

 

(歌詞の中でもこの意味で使われているとは明言されていないのであくまで私の個人的な解釈です。)

 

 

ファン以外の方々の間でも、NEWSはストレートで力強い応援歌を歌っている印象が強いかと思いますが、こんな顔もあったのかNEWS…!!と驚かされること間違いなしです。そしてできれば、いえ、絶対に!フルで聴いていただきたいのです。上でご紹介した部分は曲の後半ですので。

 

前回のシングル『ReBorn』(読売テレビ日本テレビ系TVアニメ「半妖の夜叉姫」弐の章オープニングテーマ)も上記お三方+ヒロイズムさんによる制作でした。最初からとてもかっこいい曲だったのですが、CD発売後にはアニメ放送時には使われていない部分がすごすぎると大盛り上がりでした。1曲の中で何度も転調があり、曲の空気ががらっと変わるフレーズが飛び出すのでワクワクが止まりません。サビだけとか、ワンコーラスだけを聴いて好みを判断するのはもったいない。フルで聴いてこそ!の音楽です!

 

私としてはこっち方面の個性もさらに磨いて、シングルとしてどんどん曲を発表するのも良いなと思います!

 

 

 

 

 

予告通り大変長くなりましたが、読んでくださった皆様、ありがとうございます。

 


多くのジャニーズグループの曲は未だサブスク解禁されていませんので、これらの音源を実際に聴くためにはCDを買う(もしくはレンタルする)という方法しかありません。

基本的にサブスクで音楽を聴いている方々にはわざわざCDを買うことに抵抗があるかもしれませんが、少しでも興味があればぜひともCDを手に取っていただけると嬉しいです。きっと世界が広がります…!!!

 

 

詳細はこちらからご確認ください!

www.jehp.jp